© 2017 galerie azur

検索

後追いが終わる時







渋谷は最近ビルが2つオープンした。


渋谷スクランブルスクエア、


先日は渋谷フクラス。


渋谷パルコもリニューアルして一気に新しいショップがオープンした。



さほど好きでもないけど新日本プロレスのYoshihashi 選手の最近のキメ台詞が


「物語が変わるのは、、一瞬だ!」


というセリフがあるがまさにそんな感じである。



一番面白かったのは、渋谷スクランブルスクエア11階にできたTSUTAYAだ。


旅をテーマに、いろいろなジャンルの本が置いてあるが、


従来、大型書店に見られる、教育、ファッション、学習、美術、建築、といったジャンル分けから一線を画しており、


海、神話、民話、国境、パワースポット、etc..


と、斬新かつ今求められているテーマであり、

たとえ旅に行かなくても手に取りたくなる本棚になっていた。



この絶妙なコンセプトワークはtsutayaならではである。


リアルから離れていそうで離れておらず、絶妙にイケている。



とりあえずかっこいいのだ。




そんな感じで今日は3冊選んで

家に帰って変わるがわる読んでいる。



「オオクニヌシ 出雲に封じられた神/戸矢学」



「沖縄文化論/岡本太郎」



「ルイスバラガンの家/ワタリウム美術館」




岡本太郎の民族系の本は前に読んで面白かったので、沖縄編はまた楽しみである。



こういう発見を促してくれるのはやはり実店舗だ。


これから頻繁に通うことになりそう。



うちに寄って頂く人がいたら近いのでぜひ立ち寄るのをお勧めしたい。